愛車の盗難防止におすすめ!?賃貸ガレージハウスってどんなとこ?

ガレージ

こんにちは。

asobu-ie.comライターの谷口です。

僕は現在、1LDKの賃貸マンションに住んでいて、250ccのバイクを1台所有しています。

ただ、バイクには毎日乗るわけではなく、週末にフラッと出掛ける時に乗る程度です。

そうなると少し気になるのは、駐輪場に誰でも出入りが出来てしまうという点。

毎日乗っていればバイクに何かあってもすぐに気がつけるんですが、週末しか乗らないので、出来ることならセキュリティのシッカリしたところにバイクを置いておきたいなぁと思っています。

そこで今回は、今徐々に増えているガレージハウスについて調べてみました。

ガレージハウスってなに?

そもそも、今回ご紹介するガレージハウスがどんなものかというと、

居住空間と車庫とを一体化し、日常生活の場として作った建物。その一部を趣味の作業場などに利用することもある。(コトバンクより)

とのことです。

要するに、家の中にバイクや車を停めるための車庫があるタイプの住宅ですね。

所ジョージさんの「世田谷ベース」も、ガレージハウスに分類されると思います。

流石にあそこまで充実したものは無理でしょうが、自分のバイクの安全を確保するためにも、住居の中にバイクをしまっておけるのは安心ですよね。

それに、ガレージがある物件なら、天気や他の利用者の事を気にせず、1日愛車をいじったり眺めたり出来るわけですよ。

あぁ、なんて至福の時間!

でも、そういう物件って、自分で建てる以外に住めるものなのかな?

そんなあなたの強い味方「賃貸ガレージハウス」

ということで調べてみたらありましたよ、賃貸のガレージハウス!

物件構造は2階建て、1階部分がガレージと玄関を兼ねていて、2階部分が住居スペースというパターンが多いようです。

気になるお家賃は、10万円前後から、高いものだと数十万円になるものもあるようです!

(価格は立地や間取りによります。)

予想はしてたけど、今住んでいるマンションよりも高いなぁ(^_^;)

なんとか、今と同じくらいの予算でバイクの安全と安心を確保できるなんていう、都合の良い手段は無いものか…

そんなのあるんだ?ガレージ付きシェアハウス!

低予算で住めそうなガレージハウスを探してみたところ、「ガレージ付きのシェアハウス」なるものを見つけました。

シェアハウスなので、ガレージはもちろん、水回りやキッチンなどは共用ですが、居室はキチンとプライベートが確保された個室タイプ。

そして、驚いたのはその家賃です。

なんと、4万円代から。

光熱費などは「共益費」として15,000円前後かかりますが、それでも6万円台でガレージ付きの物件に住めるというのは驚きです!

この価格帯なら、今と同じくらいの予算どころか、今よりも安く住めてしまうんじゃないか?

シェアハウスは最近数が増えているということは知っていたんですが、こんなコンセプトのシェアハウスがあるのは知りませんでした。

ツーリング仲間もできそうですし、入居考えてみても面白いかもなぁ。

まとめ

「おとなの秘密基地」的な魅力で、数が増えているガレージハウス。

ニーズに合わせて、様々な形態があるということがわかりました。

おかげで、これまで予算などの都合で諦めていたマイガレージを、月々の負担を増やさないまま確保できそうです。

バイク好きのあなた、ぜひ一度ガレージハウスを探してみてください。

きったあなたにピッタリの物件が見つかりますよ!

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です